ゲストさん投稿作品 ダンボールインテリア生活 ダンボールインテリア生活 作り方とダンボールについて 作り方とダンボールについて マゴコラボ マゴコラボ ゲストさん投稿作品 マゴリンク マゴリンク マゴクラって? マゴクラって?
※切る、折る、貼るのテクニックを動画にまとめてみました!→YouTube
Amazonのダンボール箱でつくる夏休みの工作 車輪
設計寸法で車輪から車輪までの巾254mm 車軸受け164×85mm タイヤの直径最大176mm。
イメージはオフロードタイヤ。いちばん応用がきくアイデアかもしれません。 難易度☆☆☆☆
2011.8.16
ぱせよ さんのブログ「とは云ふもの丶お前ではなし」で、大砲に改造した作品を公開されています!

※写真の作品はAmazon箱がなくなったので厚3mmのダンボールシートで代用して製作しました。なので実際には印刷部分が表面に現れますよ。表面を塗ったり色紙貼ったりするならあんまり関係ないですけれども。

amazonのダンボール箱XM02、BX0110、BX1110、XM01、BX0150、BX1150が
どれか2箱必要です。混ざっていてもOK。

2004年から公開しているマゴクラで初の工作シリーズ。お子さん層の拡大を狙ってます。
でもその通りつくればハイ完成、っていうネタは最初からするつもりはありませんでした。そもそも他の友達とネタが被る可能性だってありますよ。

なので工作の骨組みだけを公開することに。ここからどうカスタマイズするかが腕のみせどころ。
そういう意味ではこの車輪、いちばんその目的に合致したネタかもしれません。

ダンボール工作でつくる車輪って、普通は丸く切って貼り合わせて割り箸なんかを軸にするんですが。今回は軸まで含めて一体でダンボールにしてしまいました。
「美しいものは展開図も組み立ても美しい」と思っているのですこのマゴクラ。

ふた組作って四輪車にするもよし、人力車や水車などにも応用可能ですよきっと。ちょっと難易度が高いので、(ベースだけお父さんに手伝ってもらえば)あとは低学年から高学年までの夏休みの工作に対応できます。最後までお父さんがやれば中高年の工作にも対応。
※型紙は以下からダウンロード可能です。

●→amazonのダンボール箱を使ってつくる夏休みの工作 車輪 (pdfファイルA4サイズ8枚)
拡大縮小せずに(重要!)印刷してください。印刷したら貼り合わせて1枚の型紙にします。

基本的なダンボールの加工の仕方は次を参考にしてくださいな。
  →型紙を貼る
  →ダンボールの切り方
  →ダンボールの折り方
まずは丁寧にカットしてください。一部谷折りがあることにも注意してください。
Amazon箱を利用しない場合には、3mmであること、折り目が無いこと、流れ目方向が上下であること、の条件が揃っていれば利用可能です。
実際に写真では無地の3mmシートで代用してますが、しっかりしたシートを選べばよりしっかりした作品になります。
まずは本体3枚を相互に差し込みます。
同じ方向にうずを巻くように折り目をつけて…
となり同士を噛み合わせていきます。
最後になるにしたがってはめにくくなっていきますから慎重に。
すべてはめれば完成。ここまで接着はしていません。
最後に車軸受けを組み立てます。
「車軸受け内側」を最初にはめて、あとから「車軸受け外側」を被せるように接着すればOK。
車輪に接着剤がつかないように注意してください。
これで完成です。
車軸受けを長く作れば、四輪にすることも可能ですよ。
ダンボールなのであんまり車体を重くすると車輪が持たないと思います。ほどほどに。


自分でできるダンボールインテリア
マゴクラフト
以下おきまりごとです。
このサイトのコンテンツ、画像、ダウンロード素材、作品デザインの諸権利をマゴクラは放棄していません。このコーナーに登場する作品について、個人で楽し む以外の利用は、その一切を禁止しています。データの一部または全てを許可無く営利目的の使用、素材としての利用、再配布、改変することをお断りします。 また、学校や会社などの団体がその団体名義で製作・利用する場合は、作品の有償無償を問わずご相談ください。
またどのダンボール箱が届くかはコントロールできないので、くれぐれも小分け注文したりなんかしてAmazonさんを困らせないようにしてくださいな。どれで届くかもAmazonダンボールインテリアの楽しみのひとつなのです。
Copyright (c)2004- magocraft,All rights reserved マゴクラbanner